FXで覚えるべき基礎知識

FXの仕組みを詳しく紹介

FXといえばサラリーマンの副業として有名ですが、何を意味しているのか分からない人も多いです。
正式名称では外国為替証拠金取引を英訳し、外国為替のFと交換を意味する「Exchange」のXを組み合わせています。

取引の仕組みは日本円や米ドル、ユーロなど2つの通貨のペアを組み合わせ、保証金を担保に通貨を交換することで利益を得る流れです。
為替レートは時間ごとに目まぐるしく変化し、チャートを観察すると値動きが分かります。

利益は安くなるタイミングで購入し値段が上がれば売却することで得られ、この流れを繰り返すことで資産を増やせる仕組みです。
しかし、取引時間は24時間ではなく国によって変わってくるため、海外の業者を利用する際には時差を確かめて行う必要があります。

どのようなことに注意すべきか

FXを副業でするときは業者を選びますが、国内だけでなく海外もありサービス内容、最大レバレッジ、スプレッドなどが異なります。
また、金融ライセンスを取得せず無許可で営業していることもあり、利益を出しても約定や出金を拒否するなどの詐欺も起きやすいです。

海外の業者はNDD方式で透明性がある取引で追証なしのゼロカットシステムなど安心して取引ができることをアピールしていますが、実際にはお金をだまし取ろうとすることもあります。

また、サポートが日本語対応でなければ問い合わせや相談ができないため、トラブルが起きるとあきらめるしかないことも多いです。このため、レバレッジが高く一獲千金を狙おうと考えると罠にハマることも多く、安心して利用できるか確かめて業者を選ぶ必要があります。

セミナーや情報商材を使えば便利

FXを副業でするときはある程度の知識がないと厳しく、つけるためにはセミナーや情報商材を使うとプロに教えてもらえて便利です。
しかし、有料の場合がありますが経費として扱えるため、確定申告をすると課税対象所得から控除されます。
しかし、購入するときは返金保証制度がなければお金をだまし取られるリスクもあり、事前に会社概要やサポートの内容を確かめることが大事です。

セミナーや情報商材はスキマ時間に知識をつけるように購入し、業者や通貨ペアの選び方を学ぶと自信を持てます。

確定申告は年間に20万円以上の利益が出たらする必要がありますが、セミナーや情報商材は経費として扱え節税をすると便利です。また、業者に関する口コミや評判を確かめないと失敗するリスクもあり、メリットだけで判断しないようにする必要があります。

SNSでもご購読できます。