ネットビジネスと特商法の関係

安心して取引をできるようにしよう

ネットビジネスはインターネットを使って取引を行いますが、対面ではなく不正行為をしやすいなどのリスクがあります。
しかし、通信速度が早くコストがかからないため便利で、現在では離れていてもお金を稼げる方法として定着しています。

ネットビジネスをするときは消費者トラブルが起きやすくて問題になっていましたが、特商法によってガイドラインを設けているため安心です。

特商法は運営者情報やサービスの取り扱い方を詳しく説明することを義務化し、消費者トラブルが起きないようにサポートしています。
また、違反をすると営業停止などの処分を受けるため、事前に内容を確かめて公正な取引をするように考えることが大事です。

ネットビジネスはインターネットがつながる環境であれば場所や時間を気にせずにでき、パソコンやスマホがあれば手軽にできます。

特商法とは何なのか

最近ではインターネットで多くのトラブルが発生しやすく、高齢者だけでなく若者も狙われやすくなっています。
特商法はこのようなトラブルが起きないようにガイドラインを設定し、運営者情報やサービスの取り扱い方を詳しく説明することを義務付け違反すると処罰される仕組みです。

表記の内容は名前や所在地、連絡先を明記して自己紹介を行い、サービスの取り扱い方を分かりやすく説明するため返金や商品の受け取りの流れを詳しく説明する必要があります。表記の内容は途中までしか書かないなど中途半端な状態では信用されないため、分かりやすくすることが大事です。
また、フリーメールや携帯電話の番号では信用度が低く、固定電話の番号を登録するとチャンスロスを防げます。

リピーターを確保しよう

ネットビジネスをするときはいかにリピーターを確保するかが重要になり、お互いに満足できるようにサービスを提供する必要があります。
特商法の表記はあればそれだけで公正な取引をするよう約束することになり、きちんと明記してチャンスを作るとやりがいを感じてできるようになって効果的です。

せどりなどの転売ビジネスやネットショップの運営はいかに相手に信用されるかが重要なため、特定商取引法の内容をきちんと理解して取引をすることが求められます。

リピーターはお互いに満足できるようにすると増えるため、信用されるようにコミュニケーションをしやすくすることが望ましいです。
このため、特商法の表記はライティングページに記載し、安心して取引ができると思わせて期待に応える必要があります。

SNSでもご購読できます。