クーリング・オフは特商法により定められている日本の法律、いくつかの特別な取引方法で消費者が、うっかり契約したり申し込みをしても契約解除や撤回をすることができます。
実際にクーリング・オフを利用するとどうなるかというと、消費者にとってはありがたいことに、契約も申し込みなども一切なかったことにできますがこれは一方的で構いません。

商品をすでに手元に保管しているなら、権利自体を返還して構いませんし、商品の引き取りをしてもらっても大丈夫です。
その際の送料に関しては自己負担をする必要はなく、全額業者側の負担で送り返すことができます。大ごとになると考えれば損害賠償も頭をかすめますがその心配も無し、そもそも本人が望まないのですから違約金の支払いなどもありません。

いつでもできるかというとそうではないのもクーリング・オフ、利用のできる期間は一定に決められています。なぜ期日を決めているかというと、顧客にとっては都合がよくても各事業者にとって、特商法のクーリング・オフ制度は厳しく定められている規定であるためです。

特商法でのクーリング・オフ期間として受領後8日間が基本的な期限、これは特定継続的役務提供や訪問販売、加えて訪問販売に当てはまります。

法定書面を受領日もいれて8日以内になっている訪問販売は、その間なら品物引き渡し事態要求を拒否しても構いません。業務提携誘引販売取引や連鎖販売取引は20日間、法律上では通信販売においてはクーリング・オフの制度は現状日本では設定されていないです。

すべてクーリング・オフが適用ではなく、電話勧誘での販売や訪問販売で総合計が3千円未満であり、尚且つ代金をすべて支払い商品ももらっていたら使えません。

訪問販売や電話勧誘販売での自動車や、特定継続的役務提供や電話勧誘販売、訪問販売で消耗品を購入して消費済みの時にもできないです。
特商法が適用されるかどうかの確認も必要なこと、特定商取引法の規制自体がかからない種類もあります。

旅行業法や宅地建物取引業法に関わるものだとか、有価証券売買などの金融商品取引関連、株式会社ではない発行もとの新聞紙販売や、弁護士といった法律専門家が行う業務もそうです。
購買会事業や社内販売も含まれますし、セールスで凍結をする事業者間取引なども含まれます。
地方公共団体や日本国として役務の提供するケースや販売も、日本ではないところにいる人に対してなども特商法の規制はかからないとされています。